格式あるお寺

画像1
臨済宗建長寺派の古刹として堂々たる風格を漂わせる広徳寺。応安6年(1373年)に創建された格式あるお寺です。

山門と大銀杏

画像2
重厚なつくりで見る者を圧倒する山門をくぐると目に飛び込む大銀杏

都の天然記念物の「カヤ」と「タラヨウ」

画像3
都の天然記念物にもなっている都下最大級の「カヤ」(24.5m)と「タラヨウ」(19.1m)などがあり、情緒を感じさせる名刹です。
さらに室町期の面影をとどめ、市内建造物では最も古式をとどめているといわれる総門は、市文化財の指定をうけています。

住所 あきる野市 小和田 234
交通アクセス
JR武蔵五日市線「武蔵五日市駅」から徒歩25分
お寺・神社・教会