信州の伊那郡から・・・

画像1
平安時代末期に信州の伊那郡の石工たち住民が移り住んでこの神社を開き、寛政6年(1794)には正一位の神階をうけるなど、旧伊奈村の鎮守として信仰を集めてきました。
社号の「岩走」は、秋川の激しく流れ落ちる滝の様子からとったものです。

9月中旬の祭礼

毎年9月中旬の祭礼では、神輿や山車が行列を組んで街を彩り、明治初めから伝えられてきた重松囃子に奉納されます。

住所 あきる野市 伊奈 1573
交通アクセス
JR武蔵五日市線「武蔵増戸駅」から徒歩20分
お寺・神社・教会