あきる野  ふるさと工房

手漉き和紙の体験

あきる野 ふるさと工房

里山で伝統工芸品「軍道紙」に触れてみよう!

画像1
あきる野ふるさと工房
 東京都無形文化財にも指定されている「軍道紙(ぐんどうがみ)」はあきる野市の伝統的な手漉き和紙です。「軍道紙」は和紙の原料の中でも繊維が長く特に強靭な楮(こうぞ)を使用しており、「丈夫な紙」の代名詞とされてきました。あきる野ふるさと工房では約700年にもわたって作りつづけられているこの「軍道紙」の紙漉き体験施設として、伝承や保存活動などをおこなっております。

手作り軍道紙の紙漉き体験やお土産の販売も

画像2
職人による紙漉き
 工房では、「軍道紙」の紙漉き体験を実施しております。紙漉き未体験の方でも、職人が優しく丁寧にご指導いたしますのでご安心ください。ご自身で作った「軍道紙」は乾燥後、後日郵送いたします。なお、職員や材料の都合などによりせっかくきていただいたのにご案内ができない場合がございますので、ご体験を希望されるかたは、事前に電話によるご予約をお願いいたします。
 また、職人が作った「軍道紙」を用いたお土産品などの販売もおこなっております。秋川渓谷の思い出や贈り物にあきる野の伝統工芸品はいかかですか。


画像3
紙漉き体験


住所 あきる野市 乙津 671
TEL 042-596-6000
FAX 042-596-6000
定休日 年末年始・祝日の翌日(一部)
その他、臨時休業もありますので、ホームページ等でご確認下さい。
営業時間 9:30〜17:30
(体験の受付は16:00まで)
駐車場 30台 大型車も可
交通アクセス
JR武蔵五日市線「武蔵五日市駅」から檜原方面行きバス15分、荷田子下車3分
陶器/磁器/絵画等 / 各種学校・教室 / 文化施設