大悲願寺の建立

画像1
真言宗豊山派の大悲願寺は、建久2年(1191)、源平合戦でその名を馳せた武将、平山季重が建立したといわれています。

数多くの文化財

画像2
本堂、観音堂や仁王門天井絵などの文化財を数多く所蔵しており、特に「木造阿弥陀三尊像」は国の重要文化財に指定されています。

白萩

画像3
また、2月には節分祭が行われるほか、9月中旬から10月上旬に白い花を咲かせる「白萩」の名所としても有名です。仙台藩主伊達政宗が訪れた際、庭の白萩が見事に咲いていましたが、その時は言い出せず後にわざわざ飛脚をたてて送り届けたという逸話があります。

住所 あきる野市 横沢 134
交通アクセス
JR武蔵五日市線「武蔵増戸駅」から徒歩15分
お寺・神社・教会