なぜ手漉きの紙や自分で糊をつくるのか?

画像1
華やかな色合いにしてみました。
表装に使用する裂は伝統的に絹裂を使用します。金襴、銀襴、緞子(どんす)、七七子(ななこ)等、すべて京都の織屋さんでつくられたものを使用しています。
裏打ちの紙は楮紙(ちょし)こうぞの紙は岐阜県美濃市で手漉きですかれた紙で、
増裏紙の美栖紙、総裏紙に使用する宇陀紙は奈良県吉野産です。どちらも手漉きの紙です。パルプが一切入っていない紙を使用しています。一概には言えませんがパルプ混ざりの紙は劣化が早く、シミが出るといわれます。古い新聞が粉々になってしまうように。
 どちらも洋紙、パルプを混ぜた和紙にくらべ高いですが、柔らかさ・保存性・安定性に優れており、文化財の修理には欠かせない材料です。再修理できる技術と材料を使用します。
 接着のための糊は小麦粉(沈生麩)を自分の工房にて焚いて(煮て)作ります。防腐剤は入っていません。効率は悪いですが品物対して悪影響のない、将来の再修理時には剥がすことが出来る糊です。化学的な糊は良く着きますがはがすことができません。再修理が出来ない、あるいは極めて困難な修理となります。



宮田文申堂概要 修理実績

画像2
御経の断簡を修理し表具しました。
概要 昭和57年に渋谷にある國学院大学を卒業し、京都にある表具師へ入門しました。京都国立博物館の修理所に入っていた工房です。11年間の修行を終え故郷の五日市に帰り文申堂工房を開きました。文申堂の文は文化や文学あるいはことわりという意味で、申は師匠の堂号の一字を頂き文申堂とつけました。修行中に文化庁文化財修理技術者講習会を終了し、帰郷してから平成18年に国宝修理装潢師連盟の主任技師資格を取得しました。平成15〜18年まで大東文化大学にて文化財修理に関する非常勤講師をしました。

修理実績 千葉県指定佐倉高等学校鹿山文庫「模理損字書」冊子装 川崎市重要歴史記念物薬師院所蔵紙本着色盤珪永琢図掛幅装 埼玉県指定重要文化財養竹院所蔵達磨図信方筆額装
東京都指定文化財極楽寺所蔵桑都日記冊子装 埼玉県立文書館打毀一件諸書物留冊子装
国立歴史民俗博物館所蔵舟橋清原家文書 ハワイ大学所蔵琉球人登城行列之図巻子装 など



(文化財)修理について きれいにすること?新しく色を着けて良いの?

画像3
本藍染めの裂と花色の更紗で表装しました。
修理が終わり、装丁が整うときれいになります。しかしそれは汚れた部分の絵や紙などを取り除いたということではありません。確かに汚損があり、清浄な水を使い、絵や文書に負担のないように除去して取り除くことはします。しかし薬品を使用することは文申堂ではしません。後世に悪い影響のリスクが少しでもあるようなら使用しないほうがそのもにとって良いとおもっています。およそ工房にやってくる掛け軸等は周りを切られたとおもわれるようなものが多いです。永い年月を経ていますから、どうしても周りの部分が欠けたり汚れが目立つようになります。今では本紙(絵や文書の書かれる紙や絹自体のこと)の汚れをきれいにするということで本紙を切るということはないと思いますが、以前は行われていました。それはsっ不利ではありません。あくまでもオリジナルを大切に考え、過剰な修理は行うべきでないと思っています。

住所 あきる野市 小中野 550−8
TEL 0425950781
Eメール
駐車場 1台 
交通アクセス
JR武蔵五日市駅より徒歩15分 五日市郷土館向かい
家具/インテリア / 陶器/磁器/絵画等 / 修理 / 製作・製造業(工業) / 販売業 / 調査 / 表具・表装店・経師店